旦那を信用できない5つの理由!不信感の対処法

そっとしておいてほしい

疲れてしまっているときは、男性からするととにかくそっとしておいてほしいという方も、多いのではないでしょうか。中途半端に気を遣われたとしても余計に落ち込んでしまったり、うっとおしく感じてしまうようです。

自分のことは自分で何とかできるという考えを持っているので、立ち直るまで待っていてほしいのでしょう。疲れてしまっているときは、ひとりになりたいという男性は多くいます。励ましたつもりが、主になってしまっているのでしょう。

告白をしない男性の心理

好きの気持ちは伝わっているはず、両思いの可能性だって十分にある。それなのに告白をしない男性は、一体どんな心理を抱えているのでしょうか。好きな人からの告白を待っている女性にとっては、じれったくて仕方ありませんよね。

両思いだと実感できるのに告白を先延ばしにする男性には、彼らなりの『理由』があるのです。ここでは、デートを重ねてもなかなか次のステップに進もうとしてくれない男性の心理を紐解きます。

告白しない男性がどんな心理を抱えているのか不安を持っている女性は、ぜひ参考にしてみてください。

心理①両思いの確定が欲しい
告白しない男性の心理は『両思いの確定が欲しい』です。告白をしない男性は、心理的にデリケートな人が多いのが特徴のひとつ。繊細であるがゆえに些細なことでもネガティブに考える傾向があります。

そんなデリケートな心理の中心にあるのは『両思いの確定が欲しい』というもの。女性から直接的に『好き』という意思を感じなければ次の行動に踏み切れないのです。

告白しない男性から告白をしてもらうには、女性がある程度リードしてあげた方がスマートに恋愛を進められるはず。

心理②付き合ってくれないかも
告白をしない男性の心理は『付き合ってくれないかも』です。とくに友達以上恋人未満の関係が長いと、告白をするタイミングを逃しがち。女性のことは好きだし両思いだとは思うけれど、自分の勘違いかも…と不安に感じているのです。

付き合ってくれないかも、という消極的な心理を抱えているので今いち告白に踏み切れずにいるのです。告白しない男性に告白をさせるには、デートの中で『あなたとカップルになりたい』という意思をきちんと伝えられるといいですね。

心理③告白されたい
告白をしない男性の心理は『告白されたい』というもの。自分から告白をしたい、と望む人がいる反面『告白されたい派』の男性だってもちろん存在します。

女性からの好きを確かに感じる、両思いなのも承知済み、という場合に男性は『自分から告白をするよりも告白して欲しい』と考えるのです。とくにプライドの高い男性に多い心理的特徴です。

毎回のデートでもいい雰囲気が流れているなら、相手は『女性からの告白を待っている可能性』は比較的高いと言えるでしょう。

モラハラになる原因とモラハラをする心理

では、モラハラをする人は、どうしてモラハラをするようになるのでしょうか。

モラハラをするようになるには、大きく分けて2つの原因があります。1つ目は、極端に自信過剰になっている、もう1つは極端に自信がなさすぎることが原因です。

親が過保護や過干渉だった場合、自分は特別な存在だと思い込んでしまうため、自分のことを否定されても受け入れることができず、モラハラをしてしまうケースがあります。また、自分を否定する人を全員敵だと思ってしまい、言葉で攻撃します。

逆に極端に自信がなさすぎる人の場合は、母親や父親にモラハラをされていた、もしくは親の躾が厳しかったり家庭環境がよくないケースが多く、自信がないために、自分が傷付かないようにモラハラをします。また、自信がないことを隠したい、という心理から身近な人に強気な態度をとったり、あえて意地悪な態度をとったりします。特に夫がモラハラをしてくる場合、「この人は自分のことが好きだから、どんな言葉を投げつけても大丈夫だろう」「自分のためにどこまで耐えてくれるのだろう」と試すような心理からモラハラをしていることもあります。

彼氏が冷たくて限界!別れるべき?

いろいろな方法を試してみても彼氏の態度が変わらないことがあります。そんなときは、別れるべきかどうかを考えてみましょう。
手を尽くしてダメなら別れを考えよう
さまざまな対処法を実践しても彼氏の態度が変わらないときは、別れることを考えてみてもいいかもしれません。彼氏の気持ちがもう変わらないのだと、きっぱり見切りをつけることも重要です。

また、真剣に話し合ったとしても、彼氏の態度に改善が見られない場合があります。一度は反省しても、行動が伴っていないと、彼女ばかりがストレスを感じてしまいやすいでしょう。

自分ばかりが我慢して付き合っていても、不満がたまるだけです。気持ちを切り替えて、次の恋に向かっていきましょう。

我慢できる理由なら焦らず待とう
男性を対象にしたアンケートでは、自分が彼女に冷たくしているときに、『自分の意見や事情を知ってほしい』という回答が全体の44%を占めていました。別れたいわけではなく、まずは彼女に話を聞いてほしい人が半分近くにのぼるのです。

『仕事が忙しくて、私生活に余裕がなかった』など、中には納得できる理由もあります。仕方ないと思えたなら、問題が解決するまで待ってみましょう。

また、彼氏の性格がもともとクールだったということもあります。この場合は、決して冷たくしているわけではなく、関係が落ち着いてきたと考えるとよいでしょう。

 

 

関連記事

  1. 「彼氏がいても会いたいと思うこともある」など4つの復縁方法と最強の連絡引き寄せ術

  2. 「別れた相手を頼る」

  3. 「二人の記念日やイベントの時期」など復縁が叶う8つのポイント|復縁 したい

  4. 「嫉妬心はあって当たり前|独占欲はちゃんと愛した証拠」など4つの復縁方法と最強の連絡引き寄せ術

  5. 「イケメンだった」など4つの復縁方法と最強の連絡引き寄せ術

  6. 「いつまでも失恋がつらい……。その理由は「執着心」」など復縁が叶う8つのポイント|失恋 立ち直り 方