幸せな時間を楽しむために♡新婚だからこそ気を付けるべきことって?

法律上での女性の結婚できる年齢が16歳→18歳に変更される!

現行の法律では、男性は18歳以上、女性は16歳以上になると婚姻関係を結ぶことが認められています。(2019年時点)しかし、民法の一部を改正する法律が2022年4月1日から施行されるため、男女共に18歳以上でなければ婚姻関係を結ぶことが認められないことになるのです。これは、憲法改正国民投票や公職選挙法の選挙権年齢が、18歳以上と定められたことが大きく関係しています。国政上の重要な事項の判断に関して18歳以上を大人として扱うのであれば、成人年齢も18歳に引き下げるべきだという判断に至ったのです。そこで、成人年齢を20歳から18歳に引き下げることに伴い、婚姻開始年齢についても見直しが行われることとなりました。

そもそも、女性と男性で結婚できる年齢に差があるのは、男女の心身発達の違いが考慮されているためです。女性の社会進出が広まるまでは、男性が働き女性が家庭に入ることが一般的であり、女性の婚姻開始年齢が低くても特に問題視されることはありませんでした。さまざまな理由から女性の婚姻開始年齢を男性よりも下げたものの、今では男女の社会的・経済的な成熟度に特段な違いがないといわれています。また、共働き世帯が専業主婦のいる家庭を大幅に上回っているなど、女性の社会的な立場は変化しつつあるのです。

内閣府の「男女共同参画白書 平成30年版」によると、2017年時点で共働き世帯は1188万世帯いるのに対し、専業主婦がいる世帯は641万世帯です。結婚しても働き続けるという生活スタイルを選択している夫婦が多くなっています。年金制度の存続が危ぶまれる中、老後の貯金が2000万円以上必要といわれているなど、世帯収入を増やさなくては生活が維持できないのが現状です。そこで、女性も高所得を目指して高い教養を身につける必要が出てきます。

つまり、男女共に働き口を増やすために、高等学校・大学へと進学する人が増えているということです。高等学校への進学率は98%を超えており、婚姻開始年齢を引き上げる背景には社会環境の変化が理由として挙げられます。こうした社会環境の変化を受け、成人年齢を引き下げるタイミングで、婚姻開始年齢を統一させる運びとなったのです。婚姻年齢の引き上げについては2022年4月1日が施行されますが、この時点ですでに16歳以上の人は引き続き現行の法律が適用されます。2022年4月1日時点で16歳上の人は、18歳未満でも婚姻関係を結ぶことが可能です。

何かきっかけを与えることがポイント

女性と比べると、男性は「結婚適齢期」についてあまり深く考えていない人が多いでしょう。

何かきっかけを与えてあげることで、結婚への大きな一歩を決意させることができるはず!

なかなかプロポーズをしてくれない彼にモヤモヤしているくらいならば、自分からきっかけを演出してもいいかもしれませんね。

プロポーズは女性の憧れ。小さい頃から何度夢見てきたことでしょう。

最高に幸せなその瞬間のために、彼との今を楽しんでくださいね。あなたの素敵な将来を応援しています!

周りの結婚ラッシュで焦ったときはどうする?

周りから「結婚はタイミングだから焦る必要はない」といわれることも多いのではないでしょうか。しかし、そうはいっても友人らの結婚ラッシュに焦ってしまう人もいるはずです。「どのように対処すればよいか」は、恋人の有無によっても異なります。

恋人がいる場合の対処方法
まず、相手の結婚への意思確認が必要です。当たり前のことですが、結婚は1人ではできません。恋人に結婚の意思がないなら、結婚までの道のりは遠いといえます。相手の気持ちを確認したうえで、同じ未来を描けないとわかったら見切りをつけることも大事です。もし、相手から「いつかは結婚したい」というような返答があったなら、自分を見つめ直すチャンスと思ってもよいかもしれません。以下のような内容を自問自答してみることもよいでしょう。

・自分はいつまでなら待てるのか
・何歳までに結婚したいと思っているのか
・結婚自体がしたいのか
・この人だから結婚したいのか

また、相手と具体的な計画を一緒に作るのもおすすめです。たとえば、結婚式のために貯金をしようと持ち掛けたり、何歳くらいまでに子どもが欲しいかを聞いてみたりするのもよいでしょう。これによって、自分と相手の結婚に対する意識のズレや温度差を確認できます。実際に貯金をスタートしたり、今後の計画を年表にしてみたりするとお互いの結婚への意識を高められるはずです。

それでもなかなか話が進まない場合は、思い切って「結婚したい」と伝えてもよいでしょう。結婚は、人生を決める大きな決断といっても過言ではありません。そのため、自分からは切り出せない人もいますし、もしかしたら相手も気を使って避けているといった可能性も考えられます。こちらの意思をはっきりと伝えることで一気に話が進むカップルもいるので検討してみましょう。

恋人がいない場合の対処方法
積極的に出会いを求めることが大事です。たとえば、友人に結婚したいことを伝えてみてはいかがでしょうか。結婚は、デリケートな話題です。もし、友人があなたに「〇〇さんを紹介したい」と思っていたとしても、「余計なお世話と跳ね返されるのでは?」と消極的になってしまうケースもあります。そのため、こちらから「誰かいい人がいたら紹介して欲しい」と伝えておけば友人も紹介しやすくなるのです。もちろん、合コンなどを開いてもらってもよいでしょう。

さらなる出会いを求めるなら、アプリを利用する方法もあります。アプリならたくさんの利用者の中から気になるお相手と会話することができるので、自分の理想に合った人に出会える確率も高まります。もっと、本格的に婚活するつもりなら結婚相談所への登録や街コンなどの参加を検討するのもありかもしれません。一方、結婚にばかり気が向いて大事な人を見逃さないためにも、1人でいることをとことん楽しむのもよいでしょう。結婚したら家族に時間を取られたり、自分の好きなようにお金を使えなかったりする可能性もあります。

「今しかない自分だけの時間」と割り切って、いっそのこと1人を楽しんでみるのもアリではないでしょうか。自分らしく輝いている人はステキです。そんなあなたに好印象を抱く人が突然現れるかもしれません。

結婚ラッシュの波に乗れる人、乗れない人の違いは何?

自分の周りにも結婚ラッシュがきていると感じた際、その波に乗れる人と乗れない人がいます。両者の違いはどんなところにあるのでしょうか。まず、前者の結婚ラッシュに乗れる人の特徴を見ていきます。相手に「結婚したい」という意思を伝えられる人は、やはり結婚ラッシュの波の乗るのも上手です。特に、一緒に住んでいたり長く付き合っていたりする人は、2人で過ごした時間も長いため結婚までの道のりも近いといえます。もちろん、結婚を前提として付き合っている人は、結婚ラッシュの波がくれば難なく乗ることができるでしょう。

つぎに、後者の結婚ラッシュに乗れない人の特徴は以下の通りです。まず、相手を選び過ぎている人や、理想が高すぎる人は結婚ラッシュの波に乗り遅れる恐れがあります。「年収は〇〇万円以上」「年齢は〇〇歳まで」など理想相手のイメージをガチガチに固めている人は相手の本質を見落とすかもしれません。実際、理想とかけ離れていたけれど相手の性格にひかれて結婚したという人はたくさんいます。相手のスペックではなく、目の前にいるその人を見ることが大事です。

また、仕事が忙し過ぎる人も結婚ラッシュの波に乗れない可能性が高くなります。なぜなら、恋愛や趣味に費やす時間が極端に少ない人は、結婚相手に巡り合える確率が下がるからです。たとえ、恋人がいたとしても仕事の忙しさからすれ違い、歯車が狂うこともあります。結婚ラッシュの波に乗りたいのなら、仕事はほどほどがよさそうです。それから、「いろいろな異性と出会いたい」「もっと遊びたい」と思っている人も結婚への道は遠いでしょう。結婚すると、うれしいことや楽しいことなど幸せな時間が増えます。しかし、その反対に自由な時間は減ってしまうかもしれません。

そのことに納得できないようなら「まだ結婚する時期ではない」といえます。さらに、「何かあれば離婚すればいい」というような考えを持つ人もまだ結婚するタイミングではないと考え、結婚ラッシュの波に乗るのは諦めた方がよさそうです。最後に、「結婚=幸せ」と思っている人も多いかもしれませんが、幸せな結婚生活は2人で築くものです。そのため、結婚して相手に幸せにしてもらおうと考えている人は、結婚ラッシュの波から取り残される心配があります。幸せは与えてもらうのではなく、自分でもたらすもの、そして2人で築き上げていくものと認識を改めましょう。

男性が思う「こんな女性とは結婚できない…」というポイントは?

・酒癖が悪い
夫の酒癖が悪くて困ると悩む女性の話はよく耳にしますが、同じように、女性側の酒癖についてもしっかりチェックされています。酒をよく飲むということは費用もかかりますし、酒癖が悪いとさまざまな問題を起こすこともあります。自分としてはたいした問題ではないと考えていても、結婚するとなれば別です。酒を飲みすぎて前後不覚になったときなど、男性に襲われてしまうこともあるかもしれません。また、将来的に子どもが生まれる際には妊娠・出産・育児などに悪影響が出やすいのです。そのため、お酒は飲んでもたしなむ程度の女性が好ましいと考えられることが多いです。

・アイドルやアニメなどに夢中でお金を多く使っている
女性が結婚できないと考える男性の条件にもありましたが、男性側も趣味にお金を使い過ぎる女性との結婚は望まない人が多いです。アイドルやアニメのグッズは高額なものもあり、そういったものを次から次に購入していては計画的なお金の使い方ができにくくなります。趣味はあっても、お小遣い内で購入できる程度にしておくのが無難です。

・束縛が強い
女性の中には彼氏や夫の浮気を過剰に心配し、束縛が強くなる人もいます。軽いやきもちであれば可愛らしく、男性側としても嬉しく感じることもありますが、激しい嫉妬で追い詰められるのは苦手な人が少なくありません。

・家事をほとんどやらない
結婚した際に共働きの家庭もありますし、妻が家庭に入り、家事・育児に専念する場合もあります。どちらの場合も、家事をほとんどやらない女性は結婚に向かないと考えられてしまいます。特に、後者で家庭に入って専業主婦となった場合は、夫が外で働いている間に家庭を過ごしやすい状態にしてほしいと望む男性が多いので、家事をほとんどやらないことが大きな問題になることが多いです。

・金銭感覚が違いすぎる
夫婦として生活するうえで、金銭感覚が似ていることは非常に重要なポイントです。生活するために使うお金は独身時代とは違い、お互いに考えなくてはいけません。しかし、女性の中にはブランドものが好きでファッションやメイクなどにこだわりがある人もおり、毎月高額な費用をつぎこんでいる場合もあります。1人で生活しているのであれば問題ありませんが、家族ができたときにもその調子では困ってしまいます。

 

 

電話占いサイト人気ランキングTOP10

ヴェルニ 5.0
電話占いサイト
  • 占い師数1000名以上の最大手!
  • めちゃくちゃ当たる占い師が多い!
  • 占い師の採用合格率3パーセントで業界一厳しい
  • 新規登録と同時に4000円分のポイントがもらえる!
  • 初回先払いはポイント2倍で超お得!
  • 豊富な決済方法
  • 個人情報管理は業界最高水準
  • 予約優先特典で待たずに鑑定が受けられる

ピュアリ 5.0
電話占いサイト
  • 占い師の人柄の良さが段違い
  • タレントや芸能人も御用達、テレビ出演多数のカリスマ占い師が多い!
  • 検索機能が充実している!
  • トリプルポイントやポイント還元がお得!

デスティニー 4.5
電話占いサイト
  • 対面鑑定さながらのライブチャット鑑定!
  • 毎月10分無料ポイントがもらえる!
  • 大手SNSアカウントでログインが可能!
  • 占い師の性格を11タイプの中から選べる!

ウィル 4.0
電話占いサイト
  • Youtubeで人気占い師の模擬鑑定を見れる
  • 合計6000円分無料の特典がアツい
  • ほぼ全ての占い師が鑑定歴10年以上
  • 復縁特化型の占い師が在籍
  • レビューの信ぴょう性が高い
  • 電話だけでなく実店舗でも占い師に会える

ココナラ占い 4.0
電話占いサイト
  • 型にハマらない多種多様の個性がある
  • 最大30分間無料鑑定を受けれる
  • 知名度が高く安心して利用できる
  • 完全実力主義だから上位占い師ほどよく当たる

ウラナ 4.0
電話占いサイト
  • 初回指名なら何度でも10分間無料
  • ルナルナやmusic.jpでおなじみの大手企業運営
  • ミスマッチをなくすため1分以内で切れば無料
  • 全体的に占い師の質が良く安定感抜群

LINE占い 3.5
電話占いサイト
  • いつものLINEだから新規登録なしですぐに利用可能
  • チャット鑑定なら1分100円から利用可能
  • 電話・チャット・メール・ビデオ対面で鑑定できる

エキサイト占い 3.5
電話占いサイト
  • 伊藤忠商事の関連会社運営で安心
  • 抽選で無料鑑定が出来るお試し占いがある

リノア 3.0
電話占いサイト
  • 占い師専門プロダクション大手が運営
  • 合計最大6800円分のポイントがもらえる

みんなの電話占い 3.0
電話占いサイト
  • どの占い師も初回半額で鑑定可能
  • 鑑定件数31万件の実績は信頼の証
  • 電話占い総合満足度No. 1

関連記事

  1. 「この子とは結婚できないな」いつも彼女どまりな女性の特徴・4つ

  2. 脈あり度9割以上! 男の「本気で落としたい“本命女性”」へのアプローチ8選

  3. 年の差恋愛を望むなら街コンが最適!

  4. 男性が“本命彼女”だけにする「デートでの些細な行動」5つ

  5. 男性が「本命ちゃん」だけに話す“本当の5つのこと”って?

  6. 既婚男性が「不倫をやめよう…」と決める瞬間って?