「自分をなぐさめる」など4つの復縁方法と最強の連絡引き寄せ術

自分をなぐさめる

初期を乗り越え、少し前に進めたかなと思う半面「自分に非があったのではないか」と失恋の辛さが突然押し寄せることは少なくありません。何か辛いことがあれば、自分の殻に閉じこもってしまう可能性もあります。

そんなときに、自分自身を否定してしまったら、辛くなる一方ですよね。恋愛をすることは、決して簡単なことではありません。今まで頑張った自分を思う存分、なぐさめてあげましょう。

復讐はしてもいい?

復讐したいと感じている人は、自分を磨き、失恋相手よりも素敵なパートナーと恋をしましょう。

単純に嫌がらせやリベンジポルノなどをすると、犯罪になる可能性もあります。自分の価値を下げてしまいより暗い気持ちが積もっていく場合もあるので、やめましょう。

実際、わたしは失恋相手に同窓会で再会したことがありますが、周囲に「めちゃくちゃきれいになったね……」とこぼしていたそうです。

「逃した魚は大きい」と思わせることに成功し、気持ちは完全に吹っ切れました。

友達に話を聞いてもらう

仲のよい友達に話して慰めてもらうのもよい手段です。辛さは誰かに話していると、自己肯定感もうまれやすくなります。

わたしも失恋当初は、一人で抱え込んでしまっていましたが、友達に失恋のことを話すと気持ちが落ち着き、すこしだけ心が軽くなりました。

特に仲のよい友達と話していれば、励ましやあなたのいいところを教えてくれるので、自分の存在価値を取り戻せしやすいです。また、ひとりではなく誰かと居ることで寂しさも紛れ、メンタルもある程度落ち着いていきます。

失恋を乗り越えるとは

私は失恋は乗り越えなくていいと思っています。“乗り越えなきゃ”って山みたいな捉え方をしているじゃないですか。同じ道ばかりで恋愛をしていると同じような男しか出てこないんです。そういう男に引っかかって駄目なら、違う方向を向けばいい。そしたら海かもしれないし、そもそも乗り越えるものなんてないかもしれない。その“乗り越えなければ”という使命感が、実は自分を追い込んでいるのかもしれません。

“裏切られたらどうしよう”という不安は誰にでも常につきまとう話。だから今後、たとえ自分が傷ついたとしても「この人を好きでいられるのが幸せ」と思える人に出会えるまでは、その使命感に駆られなくてもいいと思います。

また次の出会いを良いものにしたいなら、物事を裏返して考える癖をつけてみてください。次の恋人を探している時に「次の男、次の男」と言う人がよくいますが、「次の女、次の女」と言いながら恋人候補を探している男性をあなたはどう思いますか? この考え方ができるようになるとさらに良い出会いを引き寄せられるはず。

関連記事

  1. 「不要なものを処分する」

  2. 「さまざまなケースを想定しておく」など4つの復縁方法と最強の連絡引き寄せ術

  3. 「憎い|同僚に彼氏をとられてイライラ」など4つの復縁方法と最強の連絡引き寄せ術

  4. 「意図せず素敵な出会いがあり付き合った」など4つの復縁方法と最強の連絡引き寄せ術

  5. 「ハプニングが起きた時に一番に元カノに電話する」

  6. 「距離が近すぎて友達のようになってしまった」など復縁が叶う8つのポイント|失恋 立ち直り 方