「見分けるポイントは「執着心」の強さ!」など4つの復縁方法と最強の連絡引き寄せ術

見分けるポイントは「執着心」の強さ!

未練を持ちやすい男性は、【執着心が強い】という特徴があります。

執着心とは“特定の物事に強いこだわりを持つ”こと。

一般的に、執着心が強い人は以下のような傾向があると言われています。

ネガティブになりやすい
自分に自信が持てない
問題が起きたとき人のせいにしてしまう
周りの目が気になる
承認欲求が強い
本音を言えず隠してしまう
…etc

このような執着心にもとづく言動・行動に心当たりはないでしょうか?

自分に自信が持てず精神が不安定な状態だと相手に“依存”しやすく、別れという現実を、いつまでも受け止められなくなります。

さらに辛い経験をしたことで恋愛に対するネガティブな感情が強まり、過去の恋愛に執着し続け、前へ進めなくなる方も少なくありません。また、執着心を恋愛感情だと勘違いし、未練を断ち切ることができないことも…。

執着心が強いのは、もちろん悪いことだけではありません。相手のことを深く好きになれるのはとても素敵なこと。

しかし“強すぎる執着心”は最終的に自分を苦しめる原因にもなってしまうのです。

自分磨きを頑張る

大好きな元彼が近くにいなかったからと言って、自分磨きを怠ってはいけません。復縁を目指すのに、別れた時より魅力が落ちていると元彼と会ったときに失望されかねません。綺麗でいるために、できることは簡単な方法でもたくさんあります。

美容室に行く、雑誌を読んで流行を取り入れる、印象を変えるためにカウンターでメイクを教わるなど。「やっぱり、カワイイね」と言われることを目標に、できるところから取り入れてみてください。元彼のために、綺麗でいようと頑張るあなたは素敵です。

彼の生活は順調?

最後に、元彼をまだ好きすぎるあなたに、ぜひ知っておいてもらいたいことがあります。

それは、「男性へのアプローチは『彼の生活が順調なとき』を狙え」ということ。

よく言われる、「女性を口説くなら『失恋直後』や『公私ともに上手くいかず弱っているとき』」とは反対なのです。

それはなぜでしょうか?

物事がうまくいかないとき、誰かにすがりつきたい欲求のある女性に比べて(もちろん個人差があります)、男性は「そっとしておいてほしい」「一人になりたい」「恋愛してる場合じゃない」と感じる傾向にあるためです。

つまり、復縁の最大チャンスは「彼が心身ともに健康に過ごしているとき」ということ。

元彼がどうしてもまだ好きすぎるならば、ここは要チェックと心得て。

彼はいま仕事に忙殺されていないか、恋愛以外の優先事項を抱えていないかどうかは、大きなポイントとなるのです。

近況を聞きたがる?

「元彼がまだ好きすぎる」

こんなあなたは彼が最近どうしているのか、気になって仕方ないのではありませんか?

「元気でやってるかな」「仕事は忙しいのかな」「××に行くと言っていたけど、どうなったかな」

好きな相手に対しては、いろいろ知りたい!という欲求を抱くのが自然です。

この法則は男女関係なくあてはまるものです。

元彼があなた同様「まだ好きすぎる」状態で復縁願望があるようなら、同じように「あなたの近況を知りたい」と思ってウズウズしているハズです。

「最近どう?」「元気してる?」「特に用はないんだけど連絡してみた」

こんな風に、元彼から様子を探るようなメールや電話があれば、あなたを気にしている証拠。

脈アリと考えてよいでしょう。

関連記事

  1. 好きな人とのLINEで絶対やっちゃいけない「4大ダメメッセージ」

  2. 「彼氏の機嫌が悪い…!」状況別の対処法3選とは?

  3. 「新しい恋人ができたのかと嫉妬する」

  4. 「ベストなタイミングで連絡する」など復縁が叶う8つのポイント|冷却 期間 男性 心理

  5. 「別れても元カノと連絡を取り続けている」など4つの復縁方法と最強の連絡引き寄せ術

  6. 「復縁もあり/SNSで絡んでくる」など4つの復縁方法と最強の連絡引き寄せ術